『 work 』の先にあるものは。

「働く」ことを考える。「働く」ことから考える。

日本はすでに移民大国だ!

日本政府は移民政策はとらないと言っている。

 

しかし、日本にはすでに100万人以上の外国人が働いている。

 

体感的にわかるだろうか?

コンビニで、飲食店で、工場等で一緒に働いている人たちもいるだろう。

 

彼ら、彼女らの家族を含めれば、国内に200万人は超える外国人が生活している。大都市の人口と変わらない。

 

移民とは?

日本的な定義は「入国時に永住権を持つ者」だそうだ。

ちょっと、何いっているのかわからないな。

 

今、日本で多いのは「技能実習生」と「留学生」

今後、日本はもっと人数を増やしていく方針だ。

 

なぜなら、労働者が圧倒的に足らない。

どんどん来てもらって働いてもらわないと、日本はもたない。

しかしながら、日本人の感覚が追い付いていない。

 

移民というと、貧しい国からの出稼ぎというイメージが浮かぶ。

だから日本人の中に、働かせてやっているという上から目線があるのは否定できない。

働きに来ている外国人に対して傲慢な態度が垣間見える。

 

技能実習生は悪名高い制度だ。

低賃金で、長時間労働させるブラックな環境におかれていることが多い。

彼らは自分の国を出国する際に、ブローカーによって借金を背負わされていることが多い。借金を返すために働かないといけない。

そこに付け込んで、安く使い倒そうとする。働かせてやっているのに文句言うなと言わんばかりに。

 

今はまだ外国人が来てくれる。

この実態がまだわかっていないからだ。

比べれば、韓国のほうが労働環境がいい。俺が選ぶなら韓国を選ぶ。

このままでは日本は選ばれなくなる。

 

絶対的に足らない労働力、それを補完するための外国人労働力。

労働に見合う環境を整備しなければならない。急務だ。

 

そして何より、日本人の心が変わらなければならない。

世界の人と一緒に働く。

異文化を排除しない。

多様化を受け止めること。

 

外国人に労働力だけを提供してくれという虫のいい話では通じない。

きちんと受け止める環境整備、心の準備。

 

2020年はオリンピック。

オリンピック後は日本は衰退するとみられている。

ますます選ばれなくなる可能性が高くなる。

 

もはや時間はないのだ。

外国人に来てもらえなくなればどうなるか。

 

労働力が足らない。ゆえに一時的に労働賃金が上昇する。

労働力争奪戦になり、それに勝ち抜いたとしても後に資金繰りが悪化して企業は衰退。労働者は対価が低くなるので購買力がなくなる。

税収があがらない。個人消費もあがらない。

老人は増える。労働人口は減る。

税収を賄うために税金が高騰する。

 

金持ちは日本を離れる。

残されるのは老人、資金力のないものたち、そして絶望。

 

この恐ろしい光景は見たくはないだろう。

まだ間に合うのだ。今からでも可能なことがいろいろある。

日本を沈めないために。