『 work 』の先にあるものは。

「働く」ことを考える。「働く」ことから考える。

あなたはBMWに採用されるのか?おれは不採用だった。

世の中には面白い採用試験がある。

 

人事の採用担当は会社の行く末をになう人材を見つけなければならない。

大企業ならば、なおさら会社を導いていく人材を探している。

これを読んでいるあなたは、そんな人材だろうか?

 

ここで大手企業の採用試験を受けて欲しい。

BMWの採用試験だ。

 

有名な問題らしいが俺は知らなかった。

しっかり考えて答えを出したが、結果は不採用だった。

俺はBMWに求められている人材ではなかったということだ。

(誤解しないでもらいたい。あくまで1企業の採用基準であり、不採用は社会的に不適格と判断されるわけではないと)

 

前置きが長くなったので問題に入る。

 

ある人が8ドルで鶏を仕入れた。いったん仕入れた鶏を9ドルで売った。

10ドルで買い戻した後、再び11ドルで売った。

この人はいくら儲けたのでしょうか?

 

いくら儲けたのか考えて欲しい。

単純な問題のようだが、考え方によっていろいろ答えがでるのかもしれない。

答え合わせは、下に書く。

 

さて、答えが出ただろうか。

 

2ドル?3ドル?プラマイゼロ?

 

まず

【±0、3ドルと答えた人の試験結果】

論理的、数学的に正しくないため、主観的で細かな点を見落としがちであるとして不採用。

 

 

2ドルの儲けと答えた人。

商売としてみれば8ドルで仕入れ9ドルで売る。これで取引は一回終了して1ドル儲けになる。次の取引では10ドルで仕入れて11ドルで売ったので1ドルの儲け。合計2ドルの儲け。

【2ドルの儲けと答えた人の試験結果】

論理的、数学的に正しい。消費者と投資家に向くが不採用。

 

 

1ドルの儲けと答えた人。

最初に8ドルで仕入れて9ドルで売った。=+1ドル

次に9ドルで売ったものを10ドルで買い戻す。=-1ドル

この時点で±0

最後に10ドルで買い戻したものを11ドルで売った。=+1ドル

結果、1ドルの儲け。

【1ドルの儲けと答えた人の試験結果】

経営コストの概念を持ち合わせている。補欠採用とする。

 

 

2ドルの損と答えた人。

8ドルで仕入れたものを11ドルで売れば3ドル儲けられたはず。なのに何度も売買したことで1ドルしか儲けられなかった。よって2ドルの損。

【2ドルの損と答えた人の試験結果】

BMWではこの視点を持つ人を人材とする。優先的に採用する。

 

 

さて試験結果はどうだった?