『 work 』の先にあるものは。

「働く」ことを考える。「働く」ことから考える。

技術の発展の陰にあるもの

素直に喜べないのは労働する側だからか

 

視察が殺到する会社として紹介されることが多い

「ギャザリングテーブルパートナー」

 

キャッシュレスを実店舗で体現できる店。

ロイヤルホスト」や「てんや」を手掛けるロイヤルグループの研究開発店舗。

何がそんなにすごいのか?

 

 

大きな特徴は現金がNG

交通系カードやクレジットカードで支払いができるが、現金は使えないのだ。

 

これは働き手からみると大きなメリットがある。

閉店後のレジ締め作業が必要なくなるのだ。

 

レジ締めは、注文とレジの中の現金が合ってるかどうかを確認する作業。

合うときはいいが、合わないときは大変だ。

 

このレジ締めのプレッシャーがなくなるというのは、働き手に取って大変助かることだという。

 

店舗側としても、専用スマホや端末機をお客様のテーブルにもっていけばすむので、レジを置くスペースがなくなるので、そのスペースが有効利用できる。

 

 

 

オーダーにはiPad

 

基本的には来客したお客様にiPadを渡して注文してもらう。慣れていないなら一緒に操作して注文作業を手伝う。

 

注文を受けると調理設備(マイクロウェーブコンベクションオーブン)を使って調理する。この調理器具がものすごい能力を持っている。

 

メニューに応じた食材を用意するなど簡単な準備をするだけで、調理器具がプロと遜色ないものに仕上げてくれる。

研修に時間がかからないし、誰がやっても同じものができる。

 

 

経営者サイドからみると、これは未来の可能性とうつるだろう。

 

人手不足の昨今、技術の進歩で問題が解決するなら喜んで導入しようするのは容易に想像できる。

人材確保に動く手間と時間を考えれば導入コストなぞ余裕で回収できそうだ。

 

 

これを労働者サイドからみると少し怖い話になる。

 

まずはこの店舗では料理人が必要なくなっている。機械が作ってしまうから。

今後、この形態では料理人という職は必要なくなる。

 

キャッシュレスの会計処理は機械で賄える。

レジ打ちという職業は機械の分野になる。レジ打ちという仕事はなくなる。

これはスーパーでもいえることだ。

 

誰がやっても同じ結果がでる。

同じできるなら安い労働力のほうが採用される。

現在、日本人の人手不足で留学生がフードサービスでのアルバイトをしている。

彼ら彼女らがフードサービスの主力となりつつある。日本人がこの職種に戻ろうと思ってもポジションを失った後だろう。

職を失ったあとの受け皿的な飲食業界での働き場所を失う。

 

AIやソフトウェアの開発で社会は便利になっていく。ただ・・・

 三菱総合研究所の予測によれば、2030年までに740万人の雇用を奪い、代わりに、500万人の雇用を創出すると考えられています。

このとき、新たに創造される雇用は、人工知能の専門家などであることを考えると、この500万人雇用は、雇用を奪われることになる740万人の仕事とはならないでしょう。

740万人は今よりも報酬の低い仕事につかざるを得なくなる。

安い労働力として働かないと仕事がない。

 

AIに使われる側か、AIを使う側か。

天と地の差が生まれていきそうだ。