『 work 』の先にあるものは。

「働く」ことを考える。「働く」ことから考える。

自販機でハンコが作れちゃう

 

100均でも買えるのに、まだ大事なんだなぁ

 

 

郵便口座を開く必要があり、ハンコが必要になった。

銀行印として登録するため、100均では不用心だ。

しかし手っ取り早くハンコが欲しい。

そういえば、自動販売機でハンコが売っていたなと思いだした。

 

 

ドン・キホーテの二階に他の自販機と並んで置いてあった。

 

f:id:tarao-fuguta:20190314224058j:plain

 

 

 

初めて使うのだが、どんな感じでできるのか。

 

f:id:tarao-fuguta:20190314225751j:plain

 

本格的だ。

縦文字も横文字も、4文字もいけるようだ。

かなり本格的に作れるのに、たった10分でいいのか。

 

いくらでできるのか。

500円~と書かれているがレパートリーはどうなのだろう。

 

f:id:tarao-fuguta:20190314230635j:plain

 

500円~2500円で値幅がある。

値段の差は、材質やデザインの違いのようだ。

 

 

印鑑ケースも一緒に売っている。

300円~1500円

 

f:id:tarao-fuguta:20190314231625j:plain

 

 

今回は銀行印

500円では安っぽいと思ってしまった。

意味もない見栄をはって選んだものは

 

f:id:tarao-fuguta:20190314231914j:plain

 

 

パール(金茶)12mm!

 

500円でもハンコはできたが、1000円と奮発w

困ったときはコレって書いてあるしねw

 

 

印字の形や文字のバランスや太さ、印鑑自体の太さで何文字入れれるかとか決まる。

今回の12㎜のハンコだと8文字入れることができる。

筆者はフルネームでのハンコを作成。

これは100均では絶対売っていないw

 

 

すべてが決まると彫り始める。

画面には進行の具合がわかるCGが表示される。

製作時間は約10分

 

出来るまで待たなければならないのか?

やはり待たなければならない。

自販機の前で出来上がるまで10分間待ち続けた。

 

オーダーメードのハンコができた。

手にするとけっこううれしいものだ。

印鑑ケースはドン・キホーテで100円で買ってきた。

ケースにはこだわらない。

 

 

今回のオーダーメードのハンコは1100円。

満足いく出来栄えだ。