40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋40代親父が教える。家と家庭のまもりかた。

タイトルとご挨拶

初めまして。

taraoと申します。

 子供2人と嫁さんがいる40代の父親です。

 

タイトル内に「40にして惑わず」と書いたのは、「四十にして惑わず」という孔子の言葉からの引用で、語感がいいなぁ程度の引用です。

これは、40歳になったら惑わずに進みなさいという、ありがたいお言葉なんじゃないかと勝手に思っています。

 

 

 

とはいえ、これには「三十にして立つ」という前文がある。

 

 

だよね。40歳になったら自動的に惑わなくなるわけでも、惑ってはいけないわけでもないだろうに。

30歳にて自分の進むべき道を定めた後、10年を経てから「惑わず」と言っている。

ちゃんと覚悟を決めた人が10年頑張れば、そりゃ惑わずと言えるのではないか。

まぁ、ご立派な人が対象なのだろう。

 

もちろん俺は孔子じゃないし、ご立派な30代も過ごせていない。

だから40にして惑うことが多いのは当然だ。と、自己弁護をしておこう。

 

「これでいいのだろうか」

「やり忘れていることはないだろうか」

「仕事の優先順位のつけ方は間違っていないだろうか」

あげたらキリがない。

 

タイトルに惑わずと書いたのは、惑わずにいられたらいいなという願望だ。

俺のすごした何十年を経て迎えた40代はどんななのか。

同じくらいの世代なら共感してもらえるのではと思って書いていく。

 

振り返る中で、改めて自分を見ることになるが、それは楽しいのか楽しくないのか。

書いてみなければわからない。

 

これを見る方の何かを刺激することができるなら、幸いだ。