40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋40代親父が教える。家と家庭のまもりかた。

こんな生活も、あとわずかしか無いと思いながら大切にすごす。

日常のタスク

 

f:id:tarao-fuguta:20190915010615p:plain

40代父親として

 

20時 仕事から帰宅したら

2人の娘と順番に風呂。

 

21時 夕飯をすましたら

娘たちのドライヤー

娘たちの歯磨き

 

22時 テレビやネットの誘惑を断ち切らせて

娘たちの寝かしつけ

 

 

20時 娘たちと順番に風呂

一緒に入ろと言われれば入る。

風呂では1対1なので、聞いてほしい事とかを話す場になる

たわいない事、少しまじめな事、軽く悩んでいる事など。

風呂での役割は頭を洗う事。

 

1人が出たら、次が入る。

同じように話をして、髪を洗って出す。

その後、さっさと自分も洗って出る。

次のタスクが控えているから。

 

 

21時 ドライヤーと歯磨き

遅くなった夕飯を食べる。

風呂から出た子供たちは、テレビを見たり、本を読んだり、ネット見たりしている。

1人夕飯なので、さっさと食べる。

寝かしつけ目標を22時半に置いているので、ドライヤーにとりかかる。

 

髪が長いから時間がかかる。

ブラシでとかないとボサボサになる。

せっせと髪をとかす、タオルドライ、ドライヤーをかけるを繰り返す

これを二人分。

けっこう時間を使う。

 

続いて歯磨き。

いい加減、自分で磨けと言っているが、夜磨きは俺の仕事となっている。

最近は電動歯ブラシに切り替えたので、時間が短くなった。

人の歯を磨くのはけっこう難しい

手磨きの時は、歯医者にいつもしっかり磨いてと叱られていた。

電動歯ブラシ導入なら、文句は減るかもしれない。

 

 

22時 寝かしつけ

さすがに絵本を読みきかせる年齢じゃない。

寝る前の睡眠導入として、パジャマトーク

布団に並んで寝るので、俺と娘二人の三人で。

 

学校のこと、ジャニーズのこと、ゲームのこと、明日のこととか。

22時半の目標に間に合わせるように頑張るが、だいたい寝てくれない。

22時45分なら及第点だが、娘たちは夜更かし常連だ。

 

23時 ようやく子供から解放される。

 

が、しかし

嫁さんタスク始動。

24時の就寝目標時間まで、嫁さんとのトーク(しながらブログ書き)

今日の出来事やら、今週の用事とか

この時間も大切にしたい。

 

 

5時半 自分の事をやるために早起き。

睡眠負債を抱えながらすごす。

こんな時間をすごせるのも、あと少しだと思うとね、つらくはないんだ、と

多少、強がり気味で言ってみる。