40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋の俺、工事施工者目線でアドバイス。40代父親として仕事と家庭の両立を模索中。

「複数のパスワードを用意してください」の残酷さ

忘れるので、デジタル用の備忘録が必要

f:id:tarao-fuguta:20190917002912j:plain

「パスワードを入力してください」にビビる

 

アプリ内で、何かをしようとするときに

「パスワードを入力してください」と出ると、えっ⁉となる事が多い。

 

パスワードを設定したこと自体を忘れている

当然、設定したパスワードも忘れている。

 

英語?数字?

何を入れた?これか?違うか・・・

 

試行錯誤を繰り返す。

この時点で、パスワードはほぼ出てこない

 

覚えることが苦手。さらにひどくなった。

 

昔から覚えることは苦手だが、40代になり益々苦手になった。

 

さて、あなたに質問だ。

「自分の携帯番号覚えているか?」

 

これは、さすがに覚えているだろう。

 

 

では、他に覚えている携帯番号がいくつあるかい?

パートナーや、親、子供、友達、とか。

 

俺は会社関係で1つ覚えているだけだ。

残念ながら、自分の奥さんの携帯番号すら出てこない。

 

スマホに登録してあるから、番号を見ることがない。

番号を確認することも、押すこともない。

 

過去に、覚えようとしたこともあった。

覚えれなかった。忘れてしまうのだ

 

 

大学ノートを備忘録として用意した

 

忘れてしまうのは、年齢もあるから仕方がない、では駄目だ。

アプリ消してからの再インストール、始めからやり直し、とか面倒なことが多い。

 

この年になると、面倒な事、特にデジタル世界の理解が追い付いていない事を

やり直すのはキツイ

 

アプリ等の初期入力時は、何かを見ながらテンプレ通りに操作したらできたという事が結構ある。

 

それをパスワードがないことで、やり直すことになったなら

まず、何をみながらやったのか、から始めなければならない。

 

思い出せればラッキーだ。

冊子等で手元に残っていたらラッキーだ。

 

困るんだ、ホント。

 

だから用意した。

デジタル関係の事を書くノートを

 

 

デジタル系と思うことは、一冊にまとめる

 

日にち、名称、何をしたか、問い合わせ先はとかをメモする。

デジタルな事は全部書いておく

このノートを開けば書いてあると思えるようにする。

 

安心の為に、できるだけ書いておく。

見返すことを前提にして考える

 

ユーザーIDやパスワードはもちろん

お知らせメールが何日にきているとか。

支払金額はいくらだったとか。

 

その時には、わかっていなかったが見返したら意味がわかったとかある。

スマホ代金の返金キャンペーンの内容とか

乗り換え違反金の補填請求方法とか。

 

デジタル備忘録(俺がつけた名前)は役にたつ。

同じパスワードを使いまわすとリスクがあるからと、複数のパスワードを用意しても、忘れてしまっては意味がない。

 

忘れてもいいように、バックアップを用意する

アナログな方法だが、俺は気に入っている。

紙がそこに存在しているのは安心感がある。

 

スマホに入れておいて、どこに入れたか、わからなくなったことがあったから。

40代の諸君

忘れることを前提にして用意しよう。