俺の嫁のプロ旦那

悩み多き40代。家族に支えられるプロ旦那として今日も生きていく

40代男子!「バビロンの教え」を30秒で伝えるよ!

f:id:tarao-fuguta:20200421002223p:plain

40代男子!

まだ元気でいるかな?

 

今日はお金儲けの話をしよう。

「バビロンの教え」だ。

 

月々にもらえるお金。

月々の小遣い。

月々の生活費。

 

人による収入の形は違うだろうが、月の終わりになるとお金が足らない事がないか?

 

意外にも収入の多寡は関係ないらしい。

10万もらう人も、20万もらう人も、30万もらう人も、50万もらう人も一緒。

月の終わりにはなくなる。

 

なぜなんだろうか?

そして、どうすればいいのか?

 

「バビロンの教え」ではこう言っている。

 

朝にとれる10個の卵をカゴに入れる。

夕方にそれを9つ使う。

それを繰り返せばいつしかカゴは卵でいっぱいになるだろう。

 

それならば夕方に使う卵を8個にしたらどうなるか?

残る卵は2倍に増える。

 

そんなことはわかってる!と怒られそうだが、これが真理なんだと。

 

収入の10分の1を貯蓄に回し、残りの10分の9で生活しなさい。

貯蓄に回した分は未来の必要な時に使うために持っておくのだ。

 

残ったものを貯蓄に回すのではなく、最初から使わないように別にする。

これは社会人になった時に、教えてもらった有難い言葉と同じだ。

 

10分の9でかなえられない欲望はあきらめろ。

人の欲望には限りが無い。

持っていれば持っているだけ使ってしまう。

 

だから月末にお金が残らない。

耳に痛い話だ。全部使い切っちゃうわ。

 

10分の9でかなえようとすると、欲望に優先順位が付く。

必要なものから順番にお金を使い、不要なものは切ることができる。

10分の9で生活しても、生活レベルはたいして落ちない。

 

言ってることはわかるし、理解できる。

実際やるとなると難しい感じがする

 

「お前たちと私には見えない壁がある。実行する者とそうじゃない者とを分ける壁が」

 

おっしゃる通り。

やってないから金が残らないんだ。

 

 

 以上、ありがたいバビロンの教え