40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋の俺、工事施工者目線でアドバイス。40代父親として仕事と家庭の両立を模索中。

子供は大事にしてほしい。切に願う。

声には出せないが、人の親として思う事

f:id:tarao-fuguta:20190921021617j:plain

とある、ドラッグストアにて遭遇

 

その男は運転席から出てきて、空を見上げて

「雨は意外にふらなかったな」

そう言った。

 

そして、助手席に顔を向けて

「おい、早くしろや!」

続けて

「マジで、早くしろやって!」

強い語気で言い放った。

 

助手席から女が出てきていた。

ただ、男が言葉を投げつけている向きと違う位置にいた。

 

他に誰かいるのかと見ていたら、2~3歳くらいの女の子が。

小さい体で、一人で車から降りてきている。

どうやら、その子に向かって言っている。

 

助手席から、つかまりながら、短い脚を伸ばして降りようとしていた。

他の事に気を取られているようにキョロキョロしていた。

 

男と女は店のほうへ歩いていく。

その後ろを女の子が、追いかけるようにトコトコ走っていった。

 

ありえない!

色々、ありえない!

 

人の子供だけど、気になってしょうがない

 

子供を持つ親として、ハラハラすることだらけだ。

子供の安全は親しかみれない

 

車から降ろす事もせず、ベビーシートを用意せず、一人で歩かせるし、外で目をはなすのも、怖くてしょうがない。

 

「早くしろや!」

そんな言葉をあびせるのも。

 

母親であろう女が、子供よりも男と並んで歩くのを見た時も。

 

人の家の事情に首を突っ込むほど勇気はない。

見る事しかできない。

 

最近の恐ろしい事件が頭をよぎる。

あの子は幸せじゃないのかもしれないと。

 

男が女の子を抱っこして出てきた

ホッとした。

これだけでは何もわからないが、それでもホッとした。

 

抱っこができるなら救いがあるようにみえた。

嫌っていたら抱っこもしないと思う。

 

あの子は、不幸せではないのかもしれない

そう思うことにした。