俺の嫁のプロ旦那

悩み多き40代。家族に支えられるプロ旦那として今日も生きていく

40代男子!俺は腰を痛めちまった。

 

筋トレ戦線離脱。

 

f:id:tarao-fuguta:20200501232728p:plain



先月中旬腰を痛めた

 

重いものを持って階段を持って上がった時に

 

グキッ!!!!!

 

やっちまった・・・

ぎっくり腰か・・・

 

いや、まだ動けるな。

 

不幸中の幸いで、ぎっくり腰は避けられた。

 

ただ、腰回りはかなり痛い。

動けなくなるほどではないだけだ。

 

腰の上、背骨の右側。

お尻にかけても痛い。

 

ぎっくり腰の一歩手前くらいかな。

寝ることも難しい。

さてどうやって寝るのがいいのか・・・

 

寝やすい態勢を考える

 

f:id:tarao-fuguta:20200501232535p:plain

「仰向け(あおむけ)」

オーソドックスな寝方だが腰が痛いときには向いていなかった。

ひざ下にクッション入れて寝てみたがしっくりこなかった。

 

「うつ伏せ(うつぶせ)」

絶対にお勧めできない。

腰が内に沈み込む感じ、ほどなく痛みがひどくなってきた。

 

「横向き(よこむき)」

これが一番楽だ。

抱き枕があると更にいい。両足の間にクッションや座布団を挟むのもいいと思う。

 

腰が痛いときは安静が一番か?

 

f:id:tarao-fuguta:20200501232625p:plain

そうとは言えない。

 

動かすと痛い。

じっとしていても痛い。

運動すると痛い。

 

ならば動かさないのが一番いいように思えるが、そうではない。

動かさないと凝り固まっていくのだ。

 

痛いながらもストレッチすることは必要だ。

動かせない程の痛みならやめておこう。

でも動かすことができるなら、痛みの許容範囲で動かしたほうがいい。

 

 

筋トレは控える。40代男子は無理しては駄目

f:id:tarao-fuguta:20200501232942j:plain

当然ながら40代男子は回復力がない。

 

ひどくなれば、それこそぎっくり腰になりかねない。

 

時間薬。

時間をかけて回復させていくことがメイン。

 

しかし、柔軟体操は痛みを許容できる範囲で続けていく。

動かさない事がリスクになる年代になってきた。

 

無理は駄目だけどね。