40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋の俺、工事施工者目線でアドバイス。40代父親として仕事と家庭の両立を模索中。

地盤沈下は排水の流れを悪くする。リフォームが必要です!

地盤沈下を疑うべき、3つの事例

f:id:tarao-fuguta:20191107045552p:plain

長年住んでいると「あれ、地面がおかしい?」と思う事がある。

地盤が下がってくることは、よくあること。

まずはチェックをしてみよう!

 

 

その1 水の流れが悪くなる

 

f:id:tarao-fuguta:20191107051603p:plain

台所、洗面所、洗濯、風呂、トイレ

水回りと言われる場所。

 

どの家にも必ずあり、生活に密接にかかわってくる場所。

水やお湯を使う以上、それらを外に出す仕組みが必要。

それが排水

 

排水は排水管で外に出している。

VU75だったりVU50だったりと太さは違うが、角度は決まっている。

1%~3%の角度をつけて排水している。

 

1m配管して1㎝下げる。これで1%の角度がつく。

角度をつければ早く流れて良さそうに思うが、早すぎると水だけが流れてしまい、

汚物だけが残されてしまう。

排水にとって角度は非常に大事だ

 

f:id:tarao-fuguta:20191107051102p:plain

地盤沈下で地面が下がると、地面と一緒に排水管も下がる。

上がっているところが下がる。

もしくは、下がっているところが更に下がる。

角度が悪くなると水の流れが悪くなる!

 

排水の流れに注意すべし!

 

 

その2 歩くと床が鳴く

 

f:id:tarao-fuguta:20191107051247p:plain

昔の家は床下が地面のところが多い。

地面に床を支える支柱を建ててあるのだが、それが地面に届いていない事がある。

 

これは、地面が下がっていっているためだ。

本来、床を支えるはずの支柱が支えていない

すると、その部分の床を踏んだ時に音がなるようになるのだ。

 

床が浮いている状態。

ギーとかギシギシとか、木がきしむ音が鳴ったら要注意!

 

 

その3 壁のひび割れがひどくなってきた

 

f:id:tarao-fuguta:20191107051350p:plain

壁の寿命の問題もあるが、地盤沈下が起きていると

建物全体がフラットじゃなくなる。

 

壁にきしみがでてきて、塗り壁だとひび割れがおきる

ヒビは傷だ。そこから雨水が入る。

 

壁の中に水が入ると、中身を腐らせていく。

シロアリが大好きな良い感じな腐敗具合になっていく。

 

f:id:tarao-fuguta:20191107051440p:plain

防水の切れた壁は、作り直さなくてはいけない。

浸水した雨水は、壁だけで済めばラッキーと思えるほど建物状態を悪化させる。

 

建物の外壁を常に意識して見回る事!

 

まとめ

外側から見るだけでもわかることが多い。

素人なんでとか、わからなくてとかはいらない。

 

気になる事をメモっておいてくれると、こちらの判断材料になる。

是非、見て回ってほしい。

自分の大事な家だから。

 

大事なことは早めに気づくこと

家の周りの散歩を習慣にしよう。

 

以上です。