俺の嫁のプロ旦那

悩み多き40代。家族に支えられるプロ旦那として今日も生きていく

【イクメン卒業】旦那が嫁さんにプレゼントできるもの

前略、嫁さんへ。

毎日の家事、育児お疲れ様です。

自分が外で仕事して、家にまっすぐ帰れるのはあなたのおかげです。

 

そんなあなたにプレゼントを用意しました。

それは「あなた自身の時間」です。

 

今日は食事の用意は俺がする。

もちろん洗い物もセットでね。

 

その為の食材は、この間一緒にスーパーに行ったときに買った材料で。

このためにちゃんと考えて買っていたんだ。

 

だから今日の食事に関わる時間は俺がプレゼントします。

お風呂掃除は子供たちがやる。

この間食べたお菓子を条件に出されたよ。

おいしかったから、それ買ってだって。

無報酬で働けと言っているのにやってくれないのは威厳のなさかもな。

 

撮りためた録画見ても

スマホ見てても構わない。

 

おいしい料理になるように頑張る。

前回のようにはならないと思うよ。

 

前回のあのボルシチはマズかったね。

初めて作ったし、初めて食べたけどあれはないね。自分でびっくりだもん。

でも味の文句はメーカー責任だよ。俺の責任じゃないんだけどな。

今回は奇抜な料理じゃなくて、定番でいくよ。

今度は子供にマズいって泣かれないようにするから。

 

じゃ今から仕込みに入る。

7時ごろに食べられる予定で。

 

少しだけど「あなた自身の時間」をどうぞ。