40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋の俺、工事施工者目線でアドバイス。40代父親として仕事と家庭の両立を模索中。

40代。持ち家ならば覚悟しておいてくれ

あなたの住宅は、漏水(ろうすい)してない?

 

f:id:tarao-fuguta:20191007000010j:plain

水漏れは発見するのが、そもそも難しい

 

 

午前中に水漏れ修理案件が入っていた。

 

住宅の洗濯機の裏辺りで水漏れしていると水道局に言われたそうだ。

今回の第一発見者は「水道局」だ。

 

 

住宅内の目に見える場所で、水漏れしていれば発見しやすい。

見えない場所なら発見しにくい。というか気づかない。

 

水道局は、検診の人が水道メーターを見回っている(検針している)。

いつもより使う量が多ければ、教えてくれる。

どっかで漏れてるんじゃないですかね?って。

 

 

依頼すれば、水道局は、漏れ場所も探してくれる。

水道管に伝わる水の流れる音で漏れを探す。

 

金属棒を使い、片側を水道管周辺に当て、反対側を耳に当てて聴く。

金属音が音を伝える。

(給湯配管か給水配管のどちらかという判断はこのあたりでしてくれる)

 

「だいたい、この辺から音が聞こえます。」

 

水道局は見立てはするが、工事はしない。

指定業者がいるから、そちらで工事依頼してねと帰っていく。

 

ついでに言うと、漏れ箇所の見立てを保証しない

水道局の見立てを頼りに床をめくっても、何も漏れていない事はよくある。

ここじゃなかったね、残念でした~って事で。

 

昔の水道管は鉄の管だったから、水の音が聞こえやすかった。

今は樹脂の管だから聞こえづらくなっているという。

 

今回は床をめくったら濡れていた。

見立てが当たったのは、お客さんにとっても、俺にとってもラッキーだ。

 

 

漏れている箇所がわからなければ、どうしようもない

 

先ほどの話、床をめくって漏水が確認できなかったら、漏水箇所不明という判断になる。

見つからなければ直せない

つまり、庭先の水道メーターから、すべての水道配管を新しく引き直すしか方法がなくなってしまう。

 

キッチン、トイレ、洗面、洗濯機、風呂、散水栓などへ水道配管をし直す。

各家の間取りがあって、通せる場所、通せない場所、見える場所、隠せる場所等考えることが多々ある。

 

なんにせよ、水道配管全やり直しは安くはない

数十万を覚悟してもらわないといけない。

 

だから、漏水箇所が見つかったのはお客さんにとってラッキーで、

大変な見積もりと作業をしなくて済んだ俺もラッキーだ。

 

 経年劣化は仕方がない

 

年をとれば劣化する。

家電なら10年、家なら20年。

 

入れ替えが可能なら方法はある。

配管等は地面や壁に埋まっている。

入れ替えするには建て替えるしかない。

 

なかば、あきらめと言ってもいい。

覚悟してもらうと捉えてもいい。

 

物には寿命があるのだと。

 

賃貸なら大家さんや管理会社に言えばいい。

駄目なら最悪、引っ越せばいい。

 

自分の持ち物だったなら、なんとかするしかない

住んでいかなきゃならないし、ローンも残ってるし。

 

手をかけない家は劣化が早い。

使わないヤカンがすぐ錆びるように。

 

リフォームは必須事項。

何年かしたら必ず必要になる。

だから今からでも、月々貯めといて。

アンラッキーだった時の高額支払いの為に