脱メタボの為の装備は食事術と習慣だ

あなたは食事で作られて、習慣で維持してる

【マインドフルネス】心の声を聴くには、心の声を聴こうとしないとね

心と体は密接にリンクする。お互いがお互いを支える。

健康第一と声高に叫んでも、心が疲れていたら健康は維持できない。

栄養を摂る、睡眠を摂る。

体にいいことは心にもいい。

 

だけど、心は単純ではない。

食べて寝たら全回復!

そんな簡単に回復したら、心を病む人は一人もいなくなる。

 

心には心にあった調整法が必要だ。

一つの提案として聞いて欲しい。

心の調整方法として瞑想を勧める。

 

マインドフルネス瞑想

心の声を聞くことがとても大事。

瞑想してると心の中に沢山の声が溢れそうになっているのがわかる。

瞑想しているのだから黙って!なんて言おうものなら叫びだす始末。

それだけ心の中は沢山の事で占められている。

 

頭の中が考え事でいっぱいで大変!

そーゆー事でしょ?

 

僕の解釈では少し違う。

心の中の言葉と、頭の中の言葉は何を元にして生まれたかが違う。

 

頭の中の言葉は「情報】を元に生まれてきている。

目から耳からと沢山の情報が頭の中に入ってきて、情報を整理する事に終始する。

 

心の中の言葉は「感情」を元に生まれてきている。

沢山の情報が頭に入った時、どう感じたか?

嬉しい!楽しい!悲しい!つらい!

 

頭の中の言葉は整理しやすいが、心の声はまとめることすら難しい。

そこでオススメのマインドフル瞑想というわけだ。

 

マインドフルネス瞑想 考え方で楽になる

マインドフルネス瞑想はマイナーなものじゃない。

世界に名だたる企業は積極的に採用している。

アップル、グーグル、フェイスブック

トヨタソフトバンクなども採用している。

 

マインドフルネスとは

「今この瞬間を、否定も肯定もせず、ありのままとして受け入れる事」

 

椅子に座って目を閉じてみて。

目からの情報がなくなると、頭の中で一気に色んな声が生まれるでしょ。

耳からの情報、体の周りからの情報、脳みそから探し出した情報。

そしてそれらに比例して心の声も増大する。

 

目を閉じただけで喧騒の中に引きずり込まれる。

自分の頭と心なのに統制がきかない。

静かにして!と叫んでごらん。

逆にうるさくなるから。

 

そんな時にマインドフルネスの考え方。

「今この瞬間を、否定も肯定もせず、ありのままとして受け入れる事」

 

騒がしい頭も、にぎやかな心の声もありのまま受け入れる。

頭が騒がしいな。

心がにぎやかだな。

頭が騒がしいなと思っているな。

心がにぎやかだと思っているな。

 

今のこの瞬間を受け入れる。

自分を少し離れて見るかのように。

 

マインドフルネス瞑想 呼吸によって戻ってくる

マインドフルネス瞑想は目を閉じて静かに呼吸をする。

静かに呼吸をして、呼吸だけをありのままに受け入れる。

 

今、息を吸ってるな。

今、肺が膨らんでいるな。

体が膨らんでいるな。

今、吐き出しているな。

肺が縮んできたな。

肩が下がってきたな。

 

呼吸に集中する事で他の事を意識しないようになる。

いや、なれるといいなという具合だ。

必ず呼吸から意識が外れる。

頭の声、心の声はそんなにおとなしくしていられない。

しかし,それを否定しない。肯定もしない。

頭の中で言葉が生まれているな。

心の中で言葉が生まれているな。

 

すべてを受け入れる。

そして、その間休まず続いている呼吸に意識を戻していく。

呼吸が船の碇のように戻る地点を示してくれる。

 

マインドフルネス瞑想 何が得られるのか

何も得られないかもしれない。

何か得られるかもしれない。

 

なんとなく頭が軽くなった。

なんとなく心がスッキリした。

こんな感じじゃないだろうか。

 

筋トレして筋肉がつくのとは違う。

だけど、何とは言えなくても、何かが得られた感触は手に入るだろう。

 

人によって悩みの種類や大きさが違う。

頭の中で考えていることが違うなら、手に入るものが違って当然。

理屈で言うなら、頭の中の交通整理ができる。

心の再起動ができる。

こんなところじゃないだろうか。

 

一度で手に入る人もいれば、何度やっても駄目な人もいるはず。

心が落ち着かない時、頭が溢れんばかりに追い詰められている時。

感情が先走って統制が取れない時。

こんな時ほど、一度目を閉じて、ほんの5分でもいいから心の声を聞いて欲しい。

呼吸に集中して、呼吸のことだけを考えているうちに

あなたの優秀な脳は情報を整理してくれるし、強靭な心は感情をなだめてくれる。

 

あなた自身を助けられるのはあなた自身だから。

 

以上、【マインドフルネス】心の声を聴くには、心の声を聴こうとしないとね

でした。