40代男子!本腰入れて生き残れ!あきらめたら試合終了だ!

悩み多き40代。家庭と社会を支えてるのは俺たちだ!一番悩んでるのも俺たちだ。生き残る道を探そうぜ。

【生活犯罪】エコバックからの~万引き始めます

万引きは犯罪です。そんなことわかっている上で

犯人を取り押さえる警察官のイラスト

レジ袋の有料化によってエコバックの使用が増えた。

相関関係があるかは未定だが、エコバック万引きも増えてきた

 

今まではレジで会計した後レジ袋を渡される。

そのレジ袋に商品を入れて店外に出る。

レジ袋に入れたものが会計済みだと認識される。

 

レジ袋に入れる代わりにエコバックに入れるようになった。

エコバックは個人の物。

買い物かごに最初から入れておく人もいる。

 

エコバックに入れてあるものが会計済みかどうかが店側はわからなくなってしまった

 

 

 

さて、どのように行われるのか

 野菜泥棒のイラスト

ドン・キホーテのようにレジを通過しければ出口に向かえないルートになっているなら

万引きは別の方法を考えなきゃいけないが、街中のスーパーでは商品の詰め込みテーブルに会計をしなくても行くことができる。

 

カゴに商品を入れ、エコバックを持ってさりげなく詰め込みテーブルに向かう。

これは難しくはない

自然に詰め込みテーブルにカゴを置き、当然のようにエコバックに詰めていく。

これも難しくない

さらっと、そのまま店外にでる。

これも難しくない

 

万引き犯に狙われたら防ぐことは難しい

 

 

 

店側はどうすればいいのか

監視カメラ・防犯カメラのイラスト

始めて万引きする人ならまだしも

慣れた万引き犯は動揺しない。

見た目で判断するのは難しい。

 

見ていますよ

用心していますよとアピールするしかないかな

 

話は違うけれど、痴漢で困っていた地域があった。

住民は「痴漢に注意」ポスターを作って貼ったが効果は上がらなかった。

そこでポスターをある言葉に変えたらピタリと痴漢が止まったそうだ。

 

「住民のみなさまのご協力で、痴漢を逮捕できました。ありがとうございました」

 痴漢もつかまりたくないからね。

 ネタ元:伝え方が9割

 

監視カメラの映像を張り出すのもありだよね。

コンビニではプリントアウトされた画像を貼り出すところもあるし。

犯行現場を見つけるのは結構大変かもしれないが。

 

警備員を立たせるのも警戒してますよとアピールできていいかも。

でも警備員の制服の圧力は普通にお客さんにも圧をかけるのでイメージはよくないかなぁ。

毎日のコストも高いしね。

 

ポスターだけで済めば安上がりだ。

 

 

 

万引きをなんでするのか

泥棒のイラスト

スーパーでの万引きは日用品の万引き。

転売目的でもなければ、高級品を所持目的で一発狙いするわけでもない。

日常的に使うもの、消費するものをお金を払わずに手にしようとする行為。

 

お金がないのかもしれない。

スリルを味わいたいからかもしれない。

女性なら生理中でイライラしてという理由もあるそうだ。

 

捕まりたくないならば同じ店には行かないのが鉄則。

二匹目のどじょうなんて期待する方がアホだ。

 

なのにスーパーの万引き犯は繰り返す

悪い言い方だけど、成功体験が繰り返しても大丈夫という安心感を生む。

油断もしやすい。

だからいつかは捕まる。

 

ただ、店側はその間被害を受け続けるし

対策に費用と神経を使いまくる。

まったく割に合わない労働だ

 

 

 

 

「エコバックからの~万引き始めます」まとめ

注意する犬のおまわりさんのイラスト

犯罪者には狙われてはいけない。

泥棒対策でも同じことを言っている。

 

スーパーでも同じだ。

万引きできそうだと思われてはいけない

 

人の目に触れないと外に出られない仕組みが必要だ。

出入り口でありがとうございますと声をかけるのもいい。

 

魔が差した。

出来そうだと思わなければ、やらなかった人もいる

それを抑制できればお互いWin-Winだ。

ぜひに検討してもらいたい。

 

念のために言っておくが、俺は万引きを推奨していないし、やってもいない

そこはハッキリさせておく。