40代父親「四十にして惑わず」なんて無理

リフォーム屋の俺、工事施工者目線でアドバイス。40代父親として仕事と家庭の両立を模索中。

誤字じゃなくて五字

四字熟語じゃなくて五字熟語

 

f:id:tarao-fuguta:20191026234546p:plain

 

 

五字熟語ってあったら面白いんじゃね?

 

残念。

俺の頭で考えられることは、すでに誰かが考えていた。

ということでネットで拾ってみた。

 

一姫二太郎

【読み方】いちひめにたろう

【意味】子どもを持つなら、最初が女で、次が男の順番が良いという意味です。

 

・得手不得手

【読み方】えてふえて

【意味】得意なことと不得意なことを意味します。

 

・火事場泥棒

【読み方】かじばどろぼう

【意味】火事場でどさくさに紛れて盗みをする者こと、また、ごたごたしていることにつけ込んで利益を上げる人のことをいいます。

 

・五十歩百歩

【読み方】ごじっぽひゃっぽ

【意味】大差がない、本質的には同じという意味です。

 

俺が考えた五字熟語

・一事故息災

【読み方】いちじこそくさい

 

【意味】いっぺん事故ったら、交通ルールをちゃんと守る子になる。教訓。

 

・妻左俺右姑

【読み方】いたばさみ

 

【意味】男性が陥ると怖い状況。同居していると頻繁に発生する。

 

・男男女男男

【読み方】ホストクラブ

 

【意味】お金をかけると出来上がる虚構の楽園。お金次第で六字にも七字にもなっていく。

 

・女女男女女

【読み方】ハーレム

 

【意味】男は誰でもあこがれる夢想の楽園。実現しようとして借金まみれになることがある。教訓。

 

・猫青機械袋

【読み方】ドラえもん

 

【意味】それ以上でも、それ以下でもない。中国の偽物っぽい名前。

 

 

謎かけみたいになったな。

考えるのは面白い。

 

六字熟語、七字熟語は?

ある。

 

「六字熟語」

・一挙手一投足

【読み方】いっきょしゅいっとうそく

 

【意味】一回手をあげ一回足を動かすこと。転じて細かい動作、わずかな労力を指す。

 

 

「七字熟語」

・桃栗三年柿八年

【読み方】ももくりさんねんかきはちねん

 

【意味】果樹を植えたらそれなりの期間たたないと実がならない。転じて、何事も成就するまでには相応の年月がかかる。

 

 

 

まとめ

 

まとめも何もないけれど。

 

しいて言えば

日本語はことば遊びに向いている。

感じの成り立ちや読み方なんて、辞典を見るだけでも面白い。

 

今日の六字熟語、七字熟語の参照

5字熟語 - 現代日本語百科 けふも お元気ですか